日帰りで出来るレーシック手術

レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。



日帰りで出来るレーシック手術ブログ:18-08-07

シェイプアップを成功させるには、
「有酸素トレーニングを取り入れるべき!」って、
聞いたことありますよね?

ウォーキングやジョギングなどが、
有酸素トレーニングの代表格として紹介されていますが、
比較的、体質への負荷は軽いので、
呼吸をしながら長時間にわたってトレーニングできるというのが特徴です。

トレーニングしながら酸素を有効に取り入れることができることから、
「有酸素」という言葉が使われているわけです。

有酸素トレーニングがシェイプアップに効果的と言われるのは、
長時間連続してトレーニングを続けることができるからなんですね。

ぼくたちの体質はまず、
糖分をエネルギーの燃料とします。

脂肪は使われることはありません。
体内の糖分があらかた使われて初めて、
脂肪分が本格的に燃焼するんだそうです。

通常、トレーニングをし始めてから、
20分前後経過しないと、
本格的に脂肪分が燃焼されることはないと言われています。

例えば…
ダンベルトレーニングをするにしても、
20分連続して行うのは結構きついですよね?

ところが、ウォーキングなら、
風景を眺めながら歩いているだけで、
20分というのはあっという間に過ぎてしまいます。

このように有酸素トレーニングの場合、
体脂肪が燃焼し始めるポイントを比較的楽にクリアできるから、
シェイプアップに向いているんですね。

また、
有酸素トレーニングは、内臓脂肪を効率よく燃焼させるといわれています。
内臓脂肪というのは、
いろいろな生活習慣病を引き起こす要因となっているものです。

ですから、有酸素トレーニングを連日の生活の習慣にすれば、
健康とシェイプアップ、2つの効果を実感することができるでしょう!