日帰りで出来るレーシック手術

レーシックというのは、「Laser Assisted in-Situ Keratomileusis」の略であり、世間的に次第に広まってきています。
エキシマレーザー装置を使い、目の表面の角膜の一部を削っていき、角膜を調整させ視力回復を実現させていきます。 時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。
現在におきましてはレーシック手術が一般的に実施されているアメリカでは年間100万人以上の患者さんがレーシックを受けています。
この数字というのはアメリカで近視になっている人の約一割であり、非常に関心のある手術と言えるでしょう。

 

レーシックは手術と言いましても入院をする必要は無く、日帰りで全てを終わらせることが出来ます。
術時間も10分前後と大変短く、個人差はありますが翌日には視力が回復してきます。



日帰りで出来るレーシック手術ブログ:18-12-13

ご飯制限をすれば、
体重はすぐに減らせると思っている人も多いと思います。

すぐに痩せたい人は、
食べなければ確実に体重は減ると思います。
でも、そのようなダイエット法は決して健康に良くありませんし、
危険もあります。

オレの友達は、
目標体重に向けて
無理なご飯制限を始めました。

確かに目標だった体重まで
簡単に落とすことができたそうですが、
その後は毎日からだがだるく、フラフラしている感じがして、
からだの調子を崩してしまったそうです。

友達は、
カロリーのことばかり考えて
ダイエットをしていたそうです。

これからは、
健康的にきれいにダイエットできるように、
ご飯の栄養バランスをよく考えてしよう…と
反省していました。

また
別の友人も、極端なご飯制限で、
カロリーのことばかり考えてしまい、結局失敗してしまったそうです。

この人のご飯というのは、
9時食はコーンフレークだけ、
11時食はヨーグルトくだものと、カロリーメイト、
18時はおかずだけというような食生活でした。

このようなご飯でやり始めて、
7日間で10KGも体重が減少したそうです。

しかし、
9時食と夕食を極端に制限していたので、
とてもストレスが溜まってしまい、
結局我慢できずに、
夕食をお腹いっぱい食べてしまったようです。

そのため、体重は減るどころか、
増える一方になってしまった…とのこと。

この人たちのように、
無理なご飯制限で体重を減らしても、
からだを悪くしてしまったり、ストレスを溜めてしまって
リバウンドしてしまっては意味がないですよね。