まだまだ新しい技術のレーシック

日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。 レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。
レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。



まだまだ新しい技術のレーシックブログ:18-07-05

ダイエットのマニュアル本などを見てみると、
適度なトレーニングが効果的…なんてことが、
ほぼ確実に書かれていますよね?

確かにトレーニングをすることによって、
カロリーを消費することができますから、
ダイエット効果が期待できます。

でも中には
「わしはトレーニングギライだから…」という人も…

トレーニングギライの人でも、できるトレーニングってたくさんあるんですよ。

例えば、「歩く」こと。
歩くことは普段からしていますし、
トレーニングのセンスも関係ありませんよね?

トレーニング神経に自信のない人は、
歩くことを意識してみてはいかがですか?

例えば…
歩くチャンスは、駅にも転がっています。

駅のホームにたどり着くために
階段を上り下りすることはありませんか?

今は便利な世の中ですから、
たいていのところには、
エスカレーターなりエレベーターなりが設置されています。

でもここでちょっと頑張ってみるのはどうでしょう。
ちょっと厳しいけど階段を使ってみましょう。
階段を使ったところで、
60秒ぐらいしかかからないのではありませんか?

この60秒でも、
エスカレーターを使うのと階段を使うのとでは
消費できたカロリーに差が出ます。
一回分を見れば大したことはないかもしれません。

しかし毎日続けていれば、
そして一ヶ月、1年と続けていれば
結構なカロリー消費をすることになるんです。

歩くという行為はダイエットからしてみると、
少ないかもしれませんが、
確実にエネルギー消費の手助けをしているわけです。

そして、
歩く時には、腕を大きく振りましょう。
腕を同時に動かすことによって、
腕を動かすためのカロリーも消費しますよ。

ちょっとした工夫が、
ダイエットにつながるんですよ!