レーシック治療の実績数は要チェック

どんなに失敗することがほぼ無いと言われているレーシック手術なのですが、クリニック選びは重要となります。
クリニックを選ぶ基準は、知名度や治療費、そして最新の医療機器を取り入れているかなど比較をしてみてください。 メガネ等を使っている人の多くは裸眼で周囲が見えるようになることに大きな期待と不安を持っていることでしょう。
レーシックで視力を取り戻した人の多くは驚きの声を隠すことが出来ないほど喜びに満ちているのです。
レーシックの実績数というのは、各レーシッククリニックのホームページなどでチェックすることが出来ます。
実績数と言いましても医師一人一人の実績数ということではなく、クリニック全体の実績数を調べることが大切です。

 

レーシッククリニック選びにおきましては、実績数が最も大切となります。
どんなに最新の高精度の医療機器が導入されていても、それを扱うこととなる医師が経験不足では意味が無いのです。



レーシック治療の実績数は要チェックブログ:18-06-30

今日は大切な日なんです♪


社会に出るまでに父親に言われた言葉に
「学生が終わったらなかなか仲間出来ないかもしれないぞ」
というのがあります。

それを聞いた当時の僕はとても淋しく思い、
「大人になると一人で生きれるように強くならなくてはいけないのかな」
と感じていました。

それでも縁というの不思議なものです。

社会人になって、
一度も行ったことがない場所に
仕事での赴任が決まり配属された半年後、
たまたま出会った同業他社の男の子は同郷で共通の仲間がいることが
話をしているうちに分かりました。

実家を離れての初めての一人暮らし、
連日淋しさを抱えていた僕。
連日顔を出す営業先で時折挨拶と言葉を交わす彼…

時々は、
仕事の空いた時間をコーヒーを飲みながら
一緒に過ごすこともありました。

一人実家を離れている僕は、
時折、お姉さんの精神疾患が悪化したと父母から報告を聞いたり、
実家の金銭的事情の悪化を聞いたり…

僕の心が折れそうになるたびに、
不思議なことに約束をしているわけでもないのに
彼を見つけ少しだけする立ち話…

「調子、どう?」
「まぁまぁかな。そっちは売れてるの?」
「これからや」
「そっか、がんばってね。じゃ。またね」

たったこれだけの会話と彼の笑顔が
もう実家に帰ろうかしら…とくじけそうになる僕を
どれだけ救ったのかなんてこと、きっと彼は判っていない事でしょうね。

この彼と出会い、会うことがなくなった後でも
僕はやっぱり
「一人で生きられるように強くならなくては、
何がなくなっても生きていけるように…」
そんな風に感じていたと思います。

あの人にも、この人にも、
支えられていることに気づきもせずに…

明日はいい日だ。がんばろ〜^^