何よりもクリニックのサポート体制に注目

安全と言われているレーシックですが、実際には非常に僅かな確率なのですが、感染症や合併症が起こっています。
また視力が想像しているよりも回復しなかったり、元々の視力に戻ってしまったという失敗例が報告されています。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。
レーシックにおきましては技術や経験も大切なことの一つですが、しっかりとサポート体制がされている病院が重要です。
「ここの病院なら信用してレーシックを受けることが出来る」というような病院をまずは見つけましょう。

 

レーシック手術をする以前にはサポート体制がしっかりと整えられている病院を探すことが大切です。
中には定期健診や再手術を無償で実施してくれる病院もあるので比較サイトなどで探してみると良いでしょう。



何よりもクリニックのサポート体制に注目ブログ:18-12-06

(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金〜!!!

ほとんどの人は「利き手」というものがあります。
同時に利き足、利き目、利き耳など、
日常の無意識の中で左右どちらかだけを多く使う生活をしています。

そうすると体の左右のバランスが崩れて、
体に「ゆがみ」が生じてしまいます。

体がゆがむことで
肩こりや腰痛、頭痛、めまい、生理痛、部分太りなど、
体全体に悪影響を与えてしまいます。

ゆがみがひどくなると血行を阻害し、
内臓にまで影響を及ぼすことも少なくありません。

特に骨盤のゆがみは、
ダイエットに悪影響をもたらすようです。

骨盤がゆがむと、背骨にもゆがみが生じてきます。
骨盤が背骨を支えているのですから、
土台がずれればその上にある骨がずれるのは当然です。

そうすると、全身の筋肉のバランスが悪くなり、
血液やリンパの流れが悪くなって、肩こりや腰痛などを引き起こします。

また、冷えやむくみ、代謝が悪くなることによる
下半身太りやO脚、肥満の原因になることもあります。

その上、疲労がたまりやすくもなるので、
体を動かすのも億劫になってトレーニング不足となり、
ますます筋肉が衰える…
という悪循環にはまってしまうことになります。

それ以外にも、女性は特に気になる
「尻が垂れている」「あしが太い」
「腹周りに変に脂肪が付く」など、
スタイルが崩れる原因になっていることもよくあります。

このように見てくると、
ダイエットのために食事制限しても、トレーニングを頑張っても…
成果が見られない場合は、骨盤のゆがみが原因なのかもしれませんね!

皆さん!ゆがみを直して、
ダイエットを成功させましょう!